展示・イベント

飯高幸作の器 と miyazono spoon /2020

「飯高幸作の器とmiyazono spoon」は5月後半を目処に、
会期を再調整する予定でしたが、自粛期間延長を受け、
さらなるに延期を検討することとしました。
時期の目処については、決まり次第お知らせをいたします。
どうぞよろしくお願いいたします。
5月4日
::::::::::::::::::::::::::
新型コロナウィルスの感染拡大防止のために、下記の展示を延期することにいたしました。
現状、5月後半に再調整をと考えております。
日程など、決まり次第お伝えいたします。
4月3日
::::::::::::::::::::::::::
「飯高幸作の器 と miyazono spoon」

<<5月後半以降に延期:2020年4月10日(金)〜4月18日(土)>>

愛を伝える道具。愛を伝える手法。

展示にむけて、参画される4人の方々との対話をかさねる中、
私の心に残った言葉はこれでした。

"命を愛しむということ、それを伝えるということ"
みなさんと話せば話すほど、そこに行きついてしまうのです。

飯高幸作と宮薗なつみ、
挿花の谷匡子、
料理のにしもとかがり
の生みだすもの。

手仕事の肌ざわり。
情報であふれる世界にいても、
衣食住の感触無しには、生きていけない。
それに真摯に向き合い、4人が表現する世界。

淀みなく感じていただけるよう、
今年も展示づくりに取り組みます。

組む 東京 小沼 訓子 (Noriko Konuma)

幸作 飯高 (飯高幸作)
miyazono spoon :宮薗 なつみ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■「器とスプーンで味わう一皿」 kaonn:にしもとかがり
<<5月後半以降に延期:4月18日(土曜)>>
 12:30-16:30(16:00 L.O.)
飯高幸作の器とmiyazono spoonを使って
お召し上がりいただく、器とスプーンも味わう一皿。
*数には限りがあります。

■挿花 谷匡子 doux.ce ドゥセ

DM写真 須賀浩二

90059142_1570534926456692_1248523181648510976_n.jpg