組む 営業日

OPEN
営業時間 Opening Time :12:30-19:00
*イベントによって営業時間が変則的になることがありますので
お知らせやイベントをご参照ください。
Our day of open is changed occasionally depending on each events,
so please check the opening date below.

営業日 Opening date

◆ 2016年6月 June
1日Wed. 〜 4日Sat.
7日Tue. 〜11日Sat.
15日Wed. 〜 19日Sun. 
21日Tue.〜 26日Sun.
29日Wed.〜30日Thr.

◆ 2016年7月 July
1日Fri. 〜 2日Sat.
5日Tue. 〜9日Sat.
13日Wed. 〜 16日Sat. 
20日Wed.〜 23日Sat.
26日Tue.〜31日Sun.

お知らせ / イベント

「組む」のこころざし

2015年、国内外のものづくり、手工業の交流拠点となる場であり、
ショップ、ギャラリー、コミュニティ・スペースの機能をもった「組む東京」はスタートしました。
そして「組む」は、その名の通り、
国内と海外の志を同じくする仲間が“組み”ながらつくる場を目指しています。

組むが扱うものは、体の中に取り入れるもの、肌に触れるもの、身にまとうもの、
手足の延長にある道具、包まれる空間に設えるものなど、
パーソナルな日常の時間をつくるモノ達です。
そこに尽くされた温故知新の知恵や精神文化の豊かさに感銘を受けるたび、
当たり前の日々の暮らしを慈しむ心こそ、未来を変えていく鍵になるのではと考えてきました。
組むでは、そのようなスピリットから生まれてきたモノやコトの宝物を
みなさまとシェアしていきたいと思っています。

このところ、日本や世界の各地で、暮らしのあり方を見直し、
それを実践しようとする沢山のムーブメントが起こっています。
それらのムーブメントと「組む」の設立はシンクロしています。
組むは、その名付け親でもあるデザイナーの大治将典さんの着想から始まりました。
大治さんが国内外の様々な場所に訪れた時に、暖かいもてなしを受け、
「世界の友人たちともっともっと繋がり合いたい」と思ったことがきっかけで、
組むのコンセプトは生まれたのです。 そして、彼がデザインした組むのロゴは、このプロジェクトのアイデアをまさに象徴するものとなっています。
さらに、国外との橋渡し役としてまつおたくやさん、
ブランディングディレクターでウェブデザイナーの木口和也さんがメンバーに加わってくださいました。

結びに大治さんの言葉を記したいと思います。

‘ 組む Kumu

「組む」というアイディアは2010~2011年初頭に友人の木工家・橋本裕さんと話しているときに考えつきました。 お互いのことをリスペクトし尊重しあえる人どうしが自由に出入りして居られる場所。 忙しそうな人がいれば、手伝ってあげる。 疲れた人がいれば、休んでもらう。 楽しそうなことがあれば、みんなで楽しむ。 そんな共同体と場所を仲間達と作りたいと思っていました。

次のようなアイディアが「組む東京」の芯となっています。

「場所と場所が組む。世界中が我が家になる。』

人と人がベースにしている場所どうしが繋がりあうこと。 お互いがお互いのホームに受け入れ合うことで、そこも自分のホームに感じられるようになること。 お互いの文化がどんどん身近になり、違いを受け止め、そして許しあうこと。 それは愛です。

私も行く、あなたも来る。 あなたはここに居て良いし、私もそこに居て良いと感じる。 そんな世界中が我が家になるような交流を生みたいと思います。

大治将典 ‘

皆様と組むでお会いできることを心より楽しみにしております。

組む東京
代表/ キュレーター
小沼のりこ

メンバー

小沼のりこKOMUMA Noriko

株式会社組む 代表
組む東京 キュレーター

1966年東京生まれ。
京都市立芸術大学大学院修士課程で日本美術史を専攻。
英国Essex大学でキュレーションを専攻、MA修了。

2004年から家業である株式会社 中川ケミカルに在籍。 2007年からCSデザインセンターを企画、設立、運営。 当センターのディレクターとして、自社の展示やブランディング、クライアントの空間演出のコンサルなどを手掛ける。 2012年からギャラリーヨルカ(Art&Craft 東日本橋)を運営。2014年、大治将典、まつおたくやとともに「組む」を設立。 曾祖父の代から家業を営む東神田(馬喰町)に、shop & community space、「組む東京」の立ち上げ準備中。国内外の手仕事の紹介、展示企画、ワークショップや勉強会の企画、情報発信などを行う。

ギャラリーヨルカ http://materiobase.jp
CSデザインセンター http://www.csdc.jp

大治将典 OJI Masanori

Oji & Design 代表/デザイナー
組む東京 アドバイザー

1974年広島県生まれ。
1997年広島工業大学環境学部環境デザイン学科卒業。

建築設計事務所、グラフィック事務所を経て、現職。 日本の様々な手工業品のデザインから、手がけたものに付随するグラフィック、手がけた製品群のブランディングを統合的に手がける。 手工業品の生い立ちを踏まえ、行く末を見据えながらデザインしている。 手がけた代表的な手工業品ブランドは、 倉敷帆布高橋工芸FUTAGAMIJICON 磁今輪島キリモト など。 手工業品を専門とした商品展示会「ててて見本市」を共同主催。

Oji & Design http://www.o-ji.jp

まつおたくや MATSUO Takuya

フォーデザイン合同会社 代表
ディストリビューター
組む東京 アドバイザー

1970年東京都生まれ。
1994年米国カリフォルニア州 University of San Francisco (B.S.) 卒。

テルモ株式会社、株式会社情報通信総合研究所、株式会社NTTデータを経て、2010年にフォーデザイン合同会社を立ち上げ。 国際コミュニケーションとグローバル・ビジネスの実践経験を活かしつつ、海外進出で世界展開を目指す手工業メーカー、作り手の流通・販売戦略に関するお手伝いをしている。 手工業品を専門とした商品展示会「ててて見本市」を共同主催。

フォーデザイン合同会社 http://www.fourdesign.co.jp

木口和也 KIGUCHI Kazuya

nMAKE inc. 代表
呑龍文庫 ももとせ 亭主
組む東京 アドバイザー

1973年愛知県生まれ。
1998年秋田大学 物理工学科 卒。

信念を持って作られたものや、伝統産業、伝統文化の真髄をいかにわかりやすく消費者に伝えるか、また、それらが現代の生活に必要なものとなるように、どのようにアレンジをすればよいのかを日夜研究し、広告を通して表現する。群馬県太田市の呑龍文庫ももとせを運営し、こういった物事をどのように消費者へ届けるかを実践しながら、伝える手法を探っています。

nMAKE inc. http://www.nmake.co.jp/
呑龍文庫ももとせ http://momotose.jp/