展示・イベント

和紙ことはじめワークショップ  vol.2「紙の質感をつくる」/ March 2021

講師 森田千晶(和紙作家)
2021年3月20日土曜
①11:30-14:00(満席となりました。この後はキャンセル待ちとなります。)
②15:30-18:00(満席となりました。この後はキャンセル待ちとなります。)

今回は、蒟蒻、蝋、柿渋、箔などを使った和紙の加工方法を体験します。
古来から受けつがれてきた、これらの加工を施すことにより、
和紙に味わい深い質感や表情が生まれるということは勿論ですが、
同時に、耐水、耐久性を高めたり、防腐・抗菌・防虫効果が得られるなど、
これらは、理に叶い、風土から生まれた加工技術でもありました。
全てを体験し、方法を学び、出来上がった和紙をお持ち帰りいただける、特別な機会になります。

A3程度の和紙4枚に、蒟蒻、蝋びき、柿渋、箔の加工をしていただきます。
この4枚は参加費の中に含まれ、お持ち帰りいただけます。

お使いいただく和紙は、森田さんご自身が楮(こうぞ)を栽培し、刈り取り、
全ての和紙作りの工程を手仕事で行ったもので、化学物質は一切使われていません。

ご希望に応じ、追加の和紙をご購入いただくこともできます。

会場 組む東京1階
各会 8名程度
(広さに余裕をもち、換気を十分に行いながら作業をします。
暖かい服装でお越しください。)
対象:中学生以上
参加費 8000円(消費税別)

<お申し込み>

組む東京 YouTube チャンネル:和紙作り 楮のかしき 森田千晶工房(4分53秒)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2021年の年間スケジュール
*社会情勢、ほか諸事情により、開催方法、日程の変更などを余儀なくされる場合もございます。あらかじめご了承ください。

■ 1月16日土曜<終了>
vol.1「和紙を知る」
和紙作りの工程全てをご自身の手で体験するワークショップです。
蒸した楮の皮をはぎ、黒皮を取り去り、ちりとりをし、繊維を木槌でたたき、
最後は、紙を漉いていただきます。

■ 3月20日土曜
vol.2「紙の質感をつくる」
上記ご参照ください。

■ 5月8日土曜
vol.3「自作の和紙を扇子に仕立てる」
レース状の和紙づくり体験し、自作の和紙を扇子に仕立てます。
仕立ては、高い技術を受け継ぎ守っている京扇子の老舗に依頼します。
出来上がりは6月中旬頃を予定しています。

■ 7月24日土曜
vol.4「夏休み 和紙体験」小学生、中学生
和紙の原料、作り方などについて学び、
自由な発想で和紙づくりを体験します。

■ 8月末から9月初旬頃を予定
vol.5 「和紙の和綴本づくり」
和綴で多様な和紙をたばねたノートは、さながら一点もののアートブックのように仕上がります。

■ 11月27日土曜
vol.6 「折る、包む、贈る」
年末年始、年を締め括り、新たな年を迎える頃。
和紙を暮らしの中に取り入れて楽しみましょう。

DSC04756.jpeg

DSC04746.jpeg

DSC04738.jpeg

7240.jpeg

終了したイベント