展示・イベント

「なにがし ノ Design」/ September 2018

2018年9月7日(金)〜 9月15日(土)
12:30 〜19:00
7日、14日の金曜日のみ20時までオープン

暮らしとともにある生活道具のデザインを手がけるデザイナー、
山崎義樹氏。
今回は、彼という人を軸に、彼のデザインを俯瞰するという試みです。
山崎氏が情熱をもって思いを込める独特の視点が浮き彫りにできればと思います。

会期を通して"判子の受注"や"カメラアクセサリーの試着・販売"を行います。
(判子の受注は今後も継続して行っていきます。)
様々な品物をお手にとってご覧いただける機会です。是非おでかけください。

組む東京


出品ブランド: 「なにがし」「MATUREWARE」「 FUTAGAMI 」「RetRe」


■ 9月7日(金)19時〜20時 オープニング・トーク 
     「山崎義樹のデザイン」(聴き手 小沼訓子)
      予約不要
      山崎さんのこれまでの活動をふりかえり、デザインに対するお考え、
      品物を軸に産地との繋がりのお話や、
      ご自身が大切にされていることなどをお聞きできればと思います。

■ 9月8日(土)山崎氏がお手持ちの朱肉入の朱肉の詰め替えを行います。
       なにがしで使用しているのは、鉛や水銀の重金属を使用していない、
       人にも自然にも優しいオーガニックな朱肉。
       それなのに美しい発色と耐光性をもっています。

       朱肉というマニアックなテーマに興味をお持ちいただいたら
      「暮らしとおしゃれの編集室」の記事も是非ご覧ください。
       「なにがし」の真鍮の朱肉入れと判子(文:組む 小沼)

       1500円(税別)予約不要。店頭でお声掛けください。
       数には限りがあります。
       確実にという方は、contact@kumu-tokyo,jpまで
       ご連絡ください。
       お待たせする場合がありますのでご了承ください。
       *ご自身で詰め替えを体験することも可能です。
       <詰め替え量は、15グラムまで>

朗読教室「ウツクシキ」 朗読家 岡安圭子 / September 2018

<9月の朗読教室>
「朗読=ただ本を読む」ことは、やってみると意外と難しいことに気づきます。文字を音や静けさに変えていくシンプルな作業は、シンプルが故に素の自分と向き合うことになるからです。けれど、読むことに集中し、我を忘れた瞬間はとても心地よいものです。日常から少し離れて音の空間を作ってみませんか。

日時:2018年9月22日(土)
1)11時〜(90分)<満席となりました。>
2)17時〜(90分)
場所:組む 東京
料金:3,000円(税込) テキスト、DRINKつき。
定員:各回5名
お申し込み:utukusikirodoku@gmail.com までメールにて

1.お名前
2.ご連絡先(お電話番号とメールアドレス)
3.ご希望の回

をお知らせください。

内容:当日にテキストをお渡しし、参加者の皆さんで一つの物語を朗読します。最後に録音し、皆さんでお茶を飲みながら聴いて頂きます。録音した音声は後日メールにてお送りいたします。

組むさんの美しい光の中へ、声を響かせてみたいと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

朗読教室ウツクシキ 岡安圭子  http://utukusiki.com/

終了したイベント