展示・イベント

TOKIIRO WORKSHOP - Basic & Advance - / April 2021

今回は、アドバンスで、タブロー(壁掛けのプレートに寄せ植え)のコースが加わりました。

◼️ BASIC COURSE 参加費:5000円+消費税
① 4/17(Sat)
② 4/18(Sun) *②は満席となりました。この後はキャンセル待ちの受付となります。
11:30- 120 分  

多肉植物の生態の基本を知り、
育て生きた世界を創造しともに進化する第一歩をお伝えします。
今まで知らなかった奥深い多肉植物の世界を知ることができます。
そして、多肉植物の特性を生かした季節の表情を魅せる、
寄せ植えのアレンジを作ります。

1.多肉植物とは?
2.寄せ植えアレンジのポイント
3.寄せ植えアレンジをつくりましょう
4.管理方法
5.質疑応答

139756370_313464250098503_7286471560151671507_n.jpg


◼️ ADVANCE COURSE 参加費:6000円+消費税
③ 4/17(Sat)15:00- 120分 アドバンスタブロー(壁掛け)
  *③は満席となりました。この後はキャンセル待ちの受付となります。
④ 4/18(Sun)15:00- 120分 アドバンスタブロー(壁掛け)
  *④は満席となりました。この後はキャンセル待ちの受付となります。

NEXT STAGE、「植える」から「デザインする」へ。
多肉植物の進化するコミュニティー制作。絵を描くように、
多肉植物を器に寄せ植えデザインしていきます。
生きた未来を今、創作するコースです。

アドバンスコース参加条件
*過去2 年以内に、TOKIIRO のベーシック・ワークショップを受講したことがある方限定。

164628159_1424351401237815_7223060312007973413_n.jpg


[講師]
TOKIIRO
近 藤 義 展 Yoshinobu Kondo
109309899_980325529058605_5721195027742577025_n.jpg
1969 年新潟県糸魚川市出身。東京薬科大学中退。TOKIIRO 主催、メッセンジャー/植物空間デザイナー。
自分の生きる目的は何なのか?を模索探求する中で2008 年、故柳生真吾さんの多肉植物創作に出会う。
2009 年多肉植物をおもに扱い器(空間)に絵を描くように生きた世界を創作する季色(トキイロ)をスタ
ート。よりグローバルな活動のため屋号を漢字からローマ字のTOKIIRO にブランディング変更した。著
書に「多肉植物生活のすすめ」主婦と生活社、「ときめく多肉植物図鑑」山と渓谷社などがある。書籍は
国内のみならず中国語(繁体)、韓国語、英語に翻訳され、独特の世界観が多くの地域に広がっている。
NHK 趣味の園芸講師。日本園芸協会 講師。

<お申し込みについて>

1〜3までご記入いただき
↓下記にメールをお願いいたします。

お返事に数日かかる場合がございます。あらかじめご了承ください。

contact@kumu-tokyo.jp

件名に「TOKIIRO ワークショップ 申し込み」とお書きください。
1.お名前 (複数の場合は人数)
2.お電話番号
3.ご希望のコース ①②③④のいずれか

お電話番号は緊急のご連絡のためにお伺いしております。
他の目的には一切使用いたしません。 受付は先着順となります。


[著書]
◯ 2018.2 「ときめく多肉植物図鑑」 (山と渓谷社) 1600 円+tax
◯ 2017.3 「多肉植物生活のすすめ TOKIIRO」 (主婦と生活社) 1500 円+tax
色や形が特徴的な多肉植物の進化の過程には想像をはるか超える時間と過酷なまでの環境があ
ります。それを受け入れ、理解し、順応した姿はヒトから見ると時に美しく、時に力強く、そ
して優しい。
そんな彼らから教えてもらうことはたくさんあります。私たちが毎日笑顔で、心豊かに生きる
ヒント、大きくは人類の使命などを考えるきっかけになればという思いを込めて一冊の本にし
ました。それが『多肉植物生活のすすめ』です。
翻訳版:台湾(繁体):中国語(簡体):韓国語:英語

[監修]
◯ 2016.3 「アレンジが広がる 多肉植物ずかん ~種類別にわかる育て方・飾り方~ (コツがわか本)」(メイツ出版) 翻訳
版:台湾
◯ 2014.3 「アレンジをたのしむ多肉植物BOOK―育て方から寄せ植え、飾り方まで (コツがわかる本)」(メイツ出版) 翻
訳版:台湾(繁体):中国語(簡体)


[TOKIIRO Information]
<HP>
www.tokiiro.com

<YouTube>
www.youtube.com/c/tokiiro

<Facebook>
@AtelierTOKIIRO

<Instagram>
@ateliertokiiro
@yoshinobukondo

<ONLINE STORE>
www.tokiirowebshop.com

IMG_2496.jpeg

eavam exhibition / April 2021

2021.04.28 Wed. ~ 05.06 Thu.
12:30-19:00(最終日のみ17:00close)

身体感覚の深部に届き、
静かな充足感で心身を満たしてくれるeavamの品々。
命があることの喜びを思いださせ、感覚が開く。

タイ、チェンマイにて、オーガニック・スキンケア製品を起点に
日用の品々を開発、製造、デザインするeavam。
彼らが紡ぎ出す世界の本質をお伝えできればと思います。

組む 小沼訓子


◯スキンケア製品の全ラインナップと"eavam lab"の展示販売
◯eavamの総手刺繍のバッグ"yeb"の受注会
◯eavamの世界をインスタレーションで(2F)

20200207172555.jpg

20200207172328.jpg

20200207172410.jpg

20200207172505.jpg

和紙ことはじめワークショップ  vol.3「透かし和紙をすく、そして扇子へ」/ May 2021

自ら透かし和紙を漉き、扇子に仕立ててもらいます。
講師 森田千晶(和紙作家)
2021年5月8日土曜
会場 組む東京1階
(広さに余裕をもち、換気を十分に行いながら作業をします。)

① 11:00-13:00
② 14:00-16:00
③ 17:00-19:00
参加費 16000円(消費税別)

森田さんの制作した型を使い、透かし模様の紙をすきます。
今回は数種類の型からお好きなデザインをお選びいただき、
透かし模様の和紙づくりを体験していただきます。
出来上がった和紙を京都の扇子職人が絹紗と貼り合わせ、
扇子に仕立てます。

1ヶ月半ほどお時間を頂戴し、完成後、個別にお送りします。
参加費には以上全てが含まれます。

ワークショップ中に、紙すきの練習をして、
最終的に扇子に仕立てる紙をすいていただきますが、
どうしても扇子制作に適した紙をすくことが難しかった場合には、
森田さん作のオリジナル柄和紙からお選びいただくことがあるかもしれません。
あらかじめご了承ください。

扇子の柄は、様々な型からお選びいただけます。
20210409211411.jpg

26180C09-3247-4925-B267-D29F2235D1EF.jpg



<お申し込みについて>

1〜3までご記入いただき
↓下記にメールをお願いいたします。

お返事に数日かかる場合がございます。あらかじめご了承ください。

contact@kumu-tokyo.jp

件名に「和紙扇子 ワークショップ 申し込み」とお書きください。
1.お名前 (複数の場合は人数)
2.お電話番号
3.ご希望のコース ①②③のいずれか

お電話番号は緊急のご連絡のためにお伺いしております。
他の目的には一切使用いたしません。 受付は先着順となります。



こちらから扇子と和綴本のイメージをご覧いただけます。
組む東京 YouTube チャンネル 和紙ことはじめワークショップ(1分)

組む東京 YouTube チャンネル:和紙作り 楮のかしき 森田千晶工房(4分53秒)

↑よろしければ是非チャンネル登録を!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2021年の年間スケジュール
*社会情勢、ほか諸事情により、開催方法、日程の変更などを余儀なくされる場合もございます。あらかじめご了承ください。

■ 1月16日土曜<終了>
vol.1「和紙を知る」
和紙作りの工程全てをご自身の手で体験するワークショップです。
蒸した楮の皮をはぎ、黒皮を取り去り、ちりとりをし、繊維を木槌でたたき、
最後は、紙を漉いていただきます。

■ 3月20日土曜<終了>
vol.2「紙の質感をつくる」
古来から受け継がれてきた蒟蒻、蝋、柿渋、箔などの
和紙の加工方法を体験します。

■ 5月8日土曜
vol.3「自作の和紙を扇子に仕立てる」
レース状の和紙づくり体験し、自作の和紙を扇子に仕立てます。
仕立ては、高い技術を受け継ぎ守っている京扇子の老舗に依頼します。
出来上がりは6月中旬頃を予定しています。

■ 7月24日土曜
vol.4「夏休み 和紙体験」小学生、中学生
和紙の原料、作り方などについて学び、
自由な発想で和紙づくりを体験します。

■ 9月11日土曜、12日日曜
vol.5 「和紙の和綴本づくり」
和綴で多様な和紙をたばねたノートは、さながら一点もののアートブックのように仕上がります。

■ 11月27日土曜
vol.6 「折る、包む、贈る」
年末年始、年を締め括り、新たな年を迎える頃。
和紙を暮らしの中に取り入れて楽しみましょう。


7240.jpeg


MANANI展 アフリカ布の服と装身具 / June 2021

2021年6月18日金曜〜6月26日土曜

終了したイベント